Hey Visitor!

ソフトウェアダウンロード / Software download

音楽関連ほか、自作ソフトウェアを公開しています。開発環境はOpenJDK、Eclipse、Visual Studio 2010など勉強しながら活用しています。すべてBSDライセンスとして公開しています。

サウンドファイルサイズ計算プログラム / WAV/AIFF Data Size Caluculator

Windowsで実行した画面

Ubntuで実行した画面

-使い方-

計算したいWAV/AIFFのサンプリングレート、量子化ビット数、チャンネル数、録音時間をそれぞれ入力します。

例えば「48000khz/24bit/2ch(ステレオ)」の形式で「6分録音」したWAVファイルのサイズを調べる時には「48000-Enter-24-Enter-2-Enter-360-Enter」と入力します。

11025~384000Hz/4~128bit/1~10ch/1~36000秒まで計算できます。

計算結果は、「bps値、バイト/秒、キビバイト/秒、メビバイト/秒」と、WAV/AIFFのファイルサイズをビット単位~ギビバイト単位まで単位ごとに表示します。

 

Macをご利用の方は下記も参照してください。



-アルゴリズムに関して-

算出値に確度を持たせる工夫として、IEC(国際電気標準会議)が策定した新しいバイナリ単位、キビバイト(KiB)、メビバイト(MiB)、ギビバイト(GiB)で計算し、表示しています。

バイトを1024倍(2の10乗倍)しキビバイト、キビバイトをさらに1024倍(2の10乗倍)しメビバイトとして算出しており、単純に1000倍した数値ではありません。それぞれキロバイト(KB)、メガバイト(MB)、ギガバイト(GB)とほぼ同等値ですが、算出値に高確度、高信頼性があり、区別して表記しました。

「ビット数」以外の算出値は32bit浮動小数点数演算による割り算を行っています。表示は小数第3位(0.001)まで行い、それ以下は四捨五入しています。

サウンドファイルサイズ計算プログラム ウインドウズ版 / WAV/AIFF Data Size Caluculator for Windows (English version included)
サウンドファイルのサイズを計算するプログラムです。JAVAの実行環境(JRE1.3以上)がインストールされたWindowsで動作します。
Datasc_v100_win.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 10.2 KB
サウンドファイルサイズ計算プログラム UNIX版 / WAV/AIFF Data Size Caluculator for UNIX (English version included)
サウンドファイルのサイズを計算するプログラムです。JAVAの実行環境(JRE1.3以上)がインストールされたUNIX系OSで動作します。
Datasc_v100_unix.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 10.2 KB
サウンドファイルサイズ計算プログラム ソースコード / WAV/AIFF Data Size Caluculator program sourcecode
サウンドファイルのサイズを計算するプログラムのソースコードです。
Datasc_v100_source.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 21.7 KB
サウンドファイルサイズ計算プログラム・過去バージョン / WAV/AIFF Data Size Caluculator archive files
過去のバージョンのアーカイブです。
Datasc_source_v09.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 5.2 KB

ディレイタイム計算プログラム / Delay Time Caluculator

Windowsで実行した画面

Ubuntuで実行した画面

-使い方-

Javaの実行環境がインストールされたWin/Mac/Linuxで実行できます。

圧縮されているのでWindowsならウインドウズ版をダウンロードしてから、圧縮ファイルをC:などに解凍し、「Dcalc.bat」を起動します。Mac/Linuxでは、UNIX版をダウンロードし、実行権限を付加した状態で「Dcalc.sh」をダブルクリックして実行してください。

コマンドプロンプト/端末が表示されるのでBPM値を入力します。20~300まで計算できます。入力すると音符、符点音符、3連符の時間がそれぞれ表示されるので、ディレイタイムの入力が簡単にできます。

表示されている数値は選択してコピーする事ができるため、DAWのプラグインソフトに貼り付けして、ディレイタイム枠に入力する事もできます。

計算後に連続して別数値の計算を行う事も可能です。数字以外の文字を入力するとループから抜けるため、プログラムを終了できます。Windows版では何かキーを押すと、またMacとLinuxではEnterキーを押すと、それぞれウインドウを閉じて終了します。

 

アンインストールは「Dcalc」のフォルダごと削除してください。

 

 

 

-Mac OSの場合-

MacのFinderから実行する場合、シェルスクリプトがターミナルから実行される必要があります。ここではFinderで「Dcalc.sh」アイコンをダブルクリックするとターミナルが実行されるように設定します。

「Dcalc.sh」を右クリックし表示されたメニューから「このアプリケーションで開く」→「その他」と進んでください。

「アプリケーションを選択ウインドウ」が表示されたら、選択対象を「全アプリケーション」に、そして下部メニューから「ターミナル.app」を選択して、「開く」ボタンを押してください。


ターミナルが起動し、プログラムが実行されます。

ディレイタイム計算プログラム ウインドウズ版 / Delay Time Caluculator for Windows (English version included)
ディレイタイムを計算するプログラムです。ソフトウェアを動作させるためにはJavaの実行環境(JRE1.3以上)が必要です。
Dcalc_v100_win.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 6.6 KB
ディレイタイム計算プログラム UNIX版 / Delay Time Caluculator for UNIX (English version included)
ディレイタイムを計算するプログラムです。ソフトウェアを動作させるためにはJavaの実行環境(JRE1.3以上)が必要です。
Dcalc_v100_unix.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 6.6 KB
ディレイタイム計算プログラム ソースコード / Delay Time Caluculator program sourcecode
ディレイタイム計算プログラムをコンパイルする際に使用したソースコードです。
Dcalc_v100_source.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 13.1 KB
ディレイタイム計算機・過去のバージョン / Delay Time Caluculator archive files
ディレイタイム計算機の過去のバージョンのアーカイブです。
Dcalc_source_v09.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 3.1 KB